足つぼ・ツボ刺激の注意点について

足つぼ・ツボ刺激の注意点について

足つぼ・ツボ刺激の注意点について

足ツボを刺激すると、「痛みが走る+気持ち良い」で、ついつい病みつきになってしまう。しかし何事もやりすぎは禁物である。

 

また、人によって、体調によってはツボ刺激をしないほうが良い人、してはいけない人もいる。
いつ、どれくれいが丁度(ちょうど)良いのだろうか?

 

1日に15分から30分が水準といわれている。なるべく夕食のあと、1時間〜2時間後のリラックスしたときに実践すると効果が有る。ツボ刺激法をマスターすると、ついつい不快なくなり、毎日続けたくなる。しかし休みを挟んだほうが効果が大きいこともあるのである。筋収縮性の頭痛などでは、一回の刺激でスッキリ痛みが引いてしまうことも有る。また、相当長期にわたって治療を続けることが必須な病気も有る。

 

病気の種類やレベルによって、治療日数は相当相違する。急性のケースの場合はやや早く治るし、慢性の病気であるほど長期間を要するようである。数ヶ月、数年かけて出てきた慢性の病気は、治すのにもやっぱり数ヶ月、数年の治療年月が必須となるというわけである。

 

途中で治療を中断したり、あまりに間隔をあけたりすると、治療効果をさげることが有る。症状が思わしくないケースの場合は、毎日または隔日で治療が必須なことも有る。あるレベル、症状が緩和(かんわ)されたら、週に2回ぐらいのペースで実践すると良いだろう。
また、ツボ刺激、特に足ツボの指圧による刺激は自分でもできるが、他人にやってもらうと心身共にリラックスできる。

トップへ戻る