不眠症の原因とは

不眠症と云うのは辛いものだとおもわれる。

 

その不眠症の原因とはいったいなんなのだろうか?

 

≪体調不良が原因≫
風邪等熱があるときや、かゆみがあるケースの場合、また咳をして留まらないケースの場合等体調が悪く、体に不快感があるとき等不眠に成るケースの場合がある。

 

≪無呼吸症候群≫
上記の体調不良の部類に入るかも知れないが、就寝している時に呼吸が留まる事が在り、それにより目が覚めてしまったり熟睡できなかったりする。

 

上記二つが原因のケースの場合はまず病気を治療する事から始める事が良いとおもわれる。

 

≪環境の変化≫
旅行に行って枕が変わって眠れないとか、海外に行って時差ぼけで寝付きが悪いとか、こういった環境の変化に結びついて睡眠に問題がでてくる事がある。
また、夏の夜、暑すぎて眠れなかったり、電気を付けているところで就寝すると明るすぎて寝られなかったりするのも同じである。

 

≪心理的≫
うつ病等、心理的な疾患による不眠がある。うつ病の症状には不眠があげられるほど深く関係がある。対策するケースの場合には心療内科等専門のおドクター様に通う等する事をお勧めする。
≪ストレスと云う心理的負荷≫
ストレスと云う心理的負荷が溜まる事で不眠に成るケースの場合がある。
ストレスと云う心理的負荷は悩みごとや苛立ち、緊張等から引きおこされる為、つづくと不眠症になる可能性がある。

 

 

こういった具合に不眠症の原因には多種多様な事がある。ご自身の症状、原因を把握した上で対処するようにしよう。

トップへ戻る