花粉症になりやすい食事

食物が原因で花粉症に成る訳でもないとさっき解説した。
しかし食生活が悪い事により花粉症になりやすくなる体質を作成してしまう事は事実である。
それでは花粉症になりやすい食事にはどのようなものがあるのか観てみるべきだ。

 

まず最初は「油」である。
花粉症になりやすい人は食事の中に油物がおおく含有されている。
例を挙げると天ぷらや唐揚げ、カレーライス等である。

 

他には「外食」が原因のケースの場合もある。
外食のケースの場合は、油分だけではなく化学調味料や着色料等が家庭料理よりも大目に摂取しがちである。
また外食ばっかりがつづくと好きなものばっかりを口にして栄養に偏りがでやすくなる。

 

「パンが中心」の食事のケースの場合。
「甘いもの」を普段からよく口にしているケースの場合。
「卵」を毎日口にしていたり1日に2回口にしたりしているケースの場合。
「おもち」「せんべい」等もち米から出きたものをよく口にしているケースの場合。
「野菜嫌い」で3食キッチリと野菜を口にしていないケースの場合。
「蛋白(たんぱく)質」を過剰取ってるか、全く口にしていないケースの場合。
「栄養の釣り合い」が悪いケースの場合。

 

それではどのような食事が望ましいのだろうか。
基本的には今挙げたものの逆を考慮すれば良いのである。
メインは「ご飯」にして、パン食は1週間に1回レベルにする事。
「蛋白(たんぱく)質」は肉や魚や豆から1日50g取る事。
「甘いもの」は1週間に1回にする事。
「外食」や「油物」の食事は1週間に1回を限度とする事。
「野菜」を3食取り入れて赤白緑と釣り合いよく取る事。
「卵」は3日に1回レベルにする事。
「もち米」で出きたものは1週間に1回を限度とする事。

 

以上を参照事項として花粉症を多少なりとも軽く可能に食事治療をしてみて欲しい。
食事治療をするにはこういった具合にして何がだめで何が良いのか具体的に一覧にしてみると理解できやすいものである。

トップへ戻る