精神安定剤の依存性

精神安定剤の中でも抗うつ薬や抗精神病薬等には薬に対する依存性が無いと云われている。
しかしながら、一般的に病院で処方されている精神安定剤の中でも抗懸念薬や睡眠導入剤にかんしては長期的服用をしていると依存性がでると云われている。
これは、長期的に服用していると体が機能に慣れてしまい効果自体が弱まってきてしまう。
その為、長くなればなるほど服用する量が増大して来るようになり、結果的に薬に依存する様に成るのである。

 

 

薬に依存する事が嫌で服用を中止してしまうと、離脱症状がつよく現れて来る可能性がでて来るのである。
一般的に抗懸念薬を呑み込むと止められなくなるから呑み込まない方が良いと云うのは間ちがってる把握じゃないのである。
依存と云うと途方もなく恐ろしいイメージがでてしまい、覚せい剤や麻薬を実行しているのと同じ様な依存性じゃないのかと勘ちがいしてしまうが、その強さは想像しているよりはつよくなく軽度であるのであまり怖がらないで欲しい。

 

 

精神安定剤を服用していたとしても、たった数週間服用しただけで容量が増大する事はないものであるし、服用を留めたと云っても禁断症状はそこまでつよくは有らない。
精神安定剤を服用していく時には、ドクターの診察の通りに服用していき、症状に合わせて少しずつ減らしていく様な感じになっていくのが一般的である。
であるから、精神安定剤を処方されたからと云って依存する様に成るから呑み込まない様にすると云うのではなく、処方通りに用法・用量を守って呑み込む様にすると懸念する事は無いものである。

トップへ戻る