便秘と善玉菌

便秘の原因として挙げられる「善玉菌」にかんして貴方はどれくらい気付いているか。
便秘の原因にかんしてキッチリと気付いて対処していく事が便秘改善の1番の早道である。

 

乱れた食生活を送ってると善玉菌であるビフィズス菌、乳酸菌等が体内から減少してしまう。
その代わりに体内に悪玉菌が増大してしまう。
この悪玉菌が便秘や下痢の原因となるのである。

 

人は誕生した当初乳児期に於いては、体内の90%は善玉菌であるビフィズス菌で悪玉菌は殆どいない。
これが離乳食を経て大人と同じ食事が可能に成ると悪玉菌が体内に増大してくるのである。
こういった具合にして腸内環境は食事に途方もなくの影響を受けている。
腸内に乳酸菌が増大するとアレルギー症状を抑制する任務がある為、花粉症の人にも効果がある。
他にも内臓脂肪が付くのを抑制する事が出きるので便秘以外にも体に効果がある。

 

これらの腸内にある細菌の釣り合いが悪くなると便秘になりやすくなる。
であるから腸内環境をアレンジすると云う事は体にとって途方もなく肝心な事であるためである。
それでは善玉菌を増やして体の中から悪玉菌を失くせば良いのかと云うと全般的には云えない。
肝心なのは細菌の釣り合いのであるためである。
ざっくりの釣り合いとしては悪玉菌よりも少し善玉菌が少なくないくらいがいいのである。
便秘の自覚症状があるケースの場合は、この細菌釣り合いに注意して、他の病気を生じさせないように便秘改善の努力をなるべく積極的に実践する必要がある。

トップへ戻る