<オバマ大統領>2008年アメリカ合衆国大統領選挙

<オバマ大統領>2008年アメリカ合衆国大統領選挙

<オバマ大統領>2008年アメリカ合衆国大統領選挙

2008年に入ると、それまでの予備選挙の流れが一変する。
まず、共和党に於いては、それまで支持率のトップにいたジュリアーニ氏が奇策に出る。
本来重要視すべきアイオワ州、ニューハンプシャー州と云った、序盤に選挙が実行される州、そして初めの南部決戦の地として何人もが力を注ぐサウスカロライナ州に於いて、彼は勝利を完璧に捨てて、中盤以降のフロリダ州やスーパーチューズデーに集中させると云う、なかなかみられない策に打って出たのである。

 

しかしこれは、完璧にミスに完了する。
当初は彼が序盤州に現れない事が話のネタとなったが、少しずつ熱が冷め、流動票が別の支持者に流れていったのだ。
ジュリアーニ氏は健康面でも懸念を抱いており、2007年12月にも入院する等、その点でも懸念視される風潮がつよくなっていったのだ。

 

もしかしたら、この戦略も健康面を考慮し、序盤に無理をさせないと云う意図があったのかも知れない。
しかしながら、やっぱり何事も初めが肝心である。
結果的にジュリアーニ氏は急速に支持を落とし、立候補者争いから脱落した。
その流動票を大幅に集めたのが、マケイン氏である。

 

夏ごろには脱落とすら云われていたマケイン氏だったが、軍事面での戦略である米軍像派が少しずつ成果を上げはじめ、支持率が回復していくと、少しずつ大物が彼の支持に回り、ジュリアーニ氏の戦略ミスもあって、一気にトップの座に駆け上がりた。
そして、ロムニー氏との争いを制し、マケイン氏が共和党指名を事実上決定付けた。

 

ただ、共和党の予備選挙は、オバマ氏とヒラリーさんが壮絶に競い合った民主党と比較すると、注目度は決して高くはあらない状態だった。
オバマ氏やヒラリーさんのような、話のネタ性に飛んだ立候補者がいなかった為である。
オバマ氏のような、民衆を惹きつける演説を実践する人もいない状態だった。

 

気になる話題の調査報告

トップへ戻る