ダビング10の前に

ダビング10とは何か?
それを語るには、まずその大元となる地上デジタルテレビジョン放送にかんしてご解説する必要がある。
ダビング10と地上デジタルテレビジョン放送、通称「地デジ」には密接な関係があるからである。

 

地デジの名称にかんしては、とっくに途方もなく浸透している他方、一体どういう仕組みなのか分かる事が出きない人も少なくないかとおもわれる。
よって、ここでは地デジにかんしてご解説する。

 

現状の地上波放送は、1953年から現状にかけて、UHFチャンネルと呼称されている電波のみを使用したアナログ方式で放送されている。
これに対し、もっと他の電波も適切活用使用と云う事で、アナログ方式からデジタル方式に変えて、より鮮明で美しい放送にしようと云うのが、地デジと呼称される地上デジタルテレビジョン放送であるためである。

 

これは単に質を上げると云うだけではなく、デジタル化に拠って電波を圧縮してスペースを生み、次世代機器に電波を譲ると云う意味合いもある。
よって、現状のアナログ方式にしか対応していないテレビは、このデジタル化が完璧に進み、アナログ放送完結する2011年7月24日以降は、地デジ用の新たにチューナーを導入しないと、一切合財テレビを観る事ができなくなる。

 

ダビング10は、この地上デジタルテレビジョン放送の録画形態にかんして、新たに設けられたルールである。
ある意味、技術が発達して多種多様な事が可能になった現代の弊害を抑制する為の制度と云えるかも知れない。

 

世俗に有益な話柄

トップへ戻る